セクシュアルマイノリティーの人たちが支援や精神的なケアを受けることの難しさについて

前回のブログでは、「LGBT」のトランスジェンダーについて詳しく説明しました。今回は、セクシュアルマイノリティーの人たちが支援や精神的なケアを受けることの難しさについて考えてみたいと思います。

健康ケアについて考えるとき、身体的な健康と共に、精神の健康を含めるが重要です。LGBTの人たちは社会から疎外された他の人たちと同じ差別を経験してきたことで多くのストレスと精神的痛みを抱えています。去年、ヒューマン・ライツ・ウォッチが出表した報告によると日本ではLGBTであることで学校でいじめられた学生に対する保護政策が少ないためLGBTの学生にとって学校は安全な場所ではないことがわかりました(*1)。LGBTの人たちは職場でも差別に直面しています。2016年に行なわれた調査では、回答者の3人に1人は職場でゲイやバイセクシュアルの人たちと一緒に働くことに抵抗を感じると言いました(*2)。

目に見える差別だけではなく、LGBTであると自覚することによって様々なストレスが生まれます。例えば、自分のセクシュリティーを公開ことへのプレッシャーまたは隠し続けることによる精神的負担などです。NHKが2015年に行ったLGBTの人たちを対象とした調査(*3)では、回答者の約40%はLGBTと自覚していることによるストレスから健康に影響があると答えており、中にはそううつやパニック障害さらに失語症を経験している人もいました。

この調査は自分のアイデンティティーが身体的な健康との関係を表しています。特にアイデンティティーに関する差別が健康に影響することを説明しています。次回のブログでは、アイデンティティーと精神の健康の関係について紹介したいと思います。特にトランスジェンダーの人たちが直面している最近の問題を取り上げます。

In the last blog post, we talked specifically about transgender identity within the LGBT umbrella. In this time’s blog post, we will build off of this topic by discussing some of the unique challenges people who identify as LGBT face in receiving social support and mental health care.

When talking about health care, it is important to think about not just physical health, but also mental health, particularly because the discrimination that people with marginalized identities face can be stressful and psychologically painful. A report last year from Human Rights Watch found that there are few protections in Japan for LGBT students who are bullied, which can make school an unsafe place for young people who identify as LGBT (*1). Even beyond school, people who identify as LGBT continue to face discrimination: a 2016 survey found that one third of respondents felt uncomfortable at the thought of working with a gay or bisexual-identifying person(*2).

Even outside of explicit discrimination, identifying as LGBT can bring stressors on a personal level, such as the pressure to come out, or alternatively, to keep one’s identity hidden. In an NHK survey conducted in 2015 (*3), about 40% of respondents said that they experienced some health effect as a consequence of the stress of identifying as LGBT, such as depression, panic, and even loss of speech.

This research illustrates the complex relationship between one’s personal identity and physical health, especially how identity-based discrimination can negatively affect health. Next time, we will continue to talk about the role that identity plays in mental health, focusing on current problems that transgender people confront within the health care system.

(*1) https://www.hrw.org/ja/news/2016/05/06/289496

(*2) http://www.nippon.com/en/currents/d00253/

(*3) http://www.nhk.or.jp/d-navi/link/lgbt/

One thought on “セクシュアルマイノリティーの人たちが支援や精神的なケアを受けることの難しさについて

  1. Pingback: 話の続き:トランスジェンダーの人たちのメンタルヘルス – CHARM