検査

HIVやSTIの検査について

HIVに感染しているかどうかは、検査をしないとわかりません。HIV検査は保健所/保健センターで、無料で本名を伝えることなく受けることができます。保健所/保健センターによって性感染症(梅毒、クラミジアなど)も同時に検査できるところがあります。
医療機関でもHIV検査をできるところがありますが、無料ではありません。

HIV検査・相談マップ」(日本語)で検索 またはCHARMにご相談ください。

多言語対応がある検査場所

京都市(英語)

木曜の夜間即日検査です。匿名・無料で検査を受けられます。検査当日に英語の通訳者を利用できます。予約の際に通訳を希望すると伝えてください。

場所:下京区役所1階

日時:毎月木曜日(祝休)

6pm~7:30pm

検査内容:HIV即日検査

1。HIV即日検査(1時間程度で結果を返します)

2。性感染症(梅毒、淋病、クラミジア)(次々回以降の検査実施日に返します)

※予約が必要です。
※スクリーニング検査の結果は約1時間後にわかります。スクリーニング検査の結果、確認検査が必要となった場合は、次々回(次の次)の検査実施日に再度来所となります。

予約・問合わせ(英語):CHARM 06-6354-5902 月~木曜日10am~5pm

予約・問合わせ(日本語):京都市保健福祉局保健医療課 075-222-4421 平日9am~5:30pm

HIV検査結果の意味

HIV検査の結果は「陰性」もしくは「陽性」と示されます。

「HIV陰性(-)」は、HIVに感染していないという意味で、「HIV陽性(+)」は、HIVに感染しているという意味です。

HIVに感染した場合、多くは感染後4週間ほどたつと、血液検査で陽性の結果がでるようになります。したがって、感染する可能性があった時から4週間後に受けた検査で「HIV陰性」であれば感染していないと考えられます。ただし、検査で陽性の結果がでるようになるまでのこの期間には個人差がありますので、最後に感染の可能性があってから8週間たっておらず心配な場合は、もう一度検査を受けることをお勧めします。