CHARM

2022年7月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年7月の「Social Connection・つながり」のご案内

<7月> ウクライナからの避難民の受け入れ <8月> 医療通訳者の野望 <9月> 街のお薬屋さんってどんなところ? <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ タイトル:ウクライナからの避難民の受け入れ 日時:2022年7月9日(土) 15:00-16:30 話題提供者:参加者全員 <概要> ウクライナの悲惨な状況がテレビを通して報道され、日本の各地で避難民を受け入れるための自治体からの表明やボランティア団体の募集などが始まっています。 日本は難民受け入れ鎖国として国際社会から非難されてきたのになぜ急に? よくわからないことを理解するために現状について見聞きしたものを持ち寄って話し合います。 以下のトピックのどれかについて、何か得た情報があれば報告してみんなで全体像を明らかにしましょう。 募金や受け入れ協力をする前に現状を正しく捉えませんか? 避難民受け入れの決定と政府の方針 難民、避難民、紛争難民、などの用語はどう違う? 日本はなぜ難民が少ないのか? 難民は安心して日本で暮らしているのか?医療や就労の保障は? その他のトピック <8月> 医療通訳者の野望 タイトル:医療通訳者の野望 日時:2022年8月13日(土) 15:00-16:30 話題提供者:村松紀子 医療通訳研究会 (MEDINT) 代表 <概要> 話題を提供してくださる村松紀子さんは2002年医療通訳研究会 (MEDINT) を立ち上げる前から、医療通訳を行なってこられ、その体験をもとに日本で最初に医療通訳を学問的にとらえ始めた方のうちのお一人です。 医療通訳について知っている方、知らない方、私は医療通訳だという方、いろいろな方に集まっていただいて、医療通訳って何する人なのか、現在の状況や未来、そしてわたしも医療通訳になれるのか、通訳はAIに任せてもいいのか、などなど一緒に考える時間を過ごしませんか。 <9月> 街のお薬屋さんってどんなところ? タイトル:お薬屋さんってどんなところ?日時:2022年9月10日(土) 15:00-16:30…

2022年6月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年6月の「Social Connection・つながり」のご案内

<6月> 虐待という経験を通り抜けて <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ <8月> 医療通訳者の野望 <6月> 虐待という経験を通り抜けて タイトル:虐待という経験を通り抜けて日時:2022年6月11日(土) 15:00-16:30話題提供者:しゅん さん <概要>幼少期に虐待を経験したしゅんさんが、受けた傷を癒やすプロセスはやさしいものではありませんでした。自分が置かれていた状況を客観的に捉えることがきるようになるまで多くの時間を要しました。辛い経験を通り抜けるということはどういうことなのか、その経験が自分の行動にどのような影響を与えたのか、どのようなきっかけで自分の周りを見ることができるようになったのか、など通り抜けてきた経験とこれからを話していただきます。虐待について理解を深める機会としませんか。 <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ タイトル:ウクライナからの避難民の受け入れ日時:2022年7月9日(土) 15:00-16:30話題提供者:参加者全員 <概要>ウクライナの悲惨な状況がテレビを通して報道され、日本の各地で避難民を受け入れるための自治体からの表明やボランティア団体の募集などが始まっています。日本は難民受け入れ鎖国として国際社会から非難されてきたのになぜ急に?よくわからないことを理解するために現状について見聞きしたものを持ち寄って話し合います。以下のトピックのどれかについて、何か得た情報があれば報告してみんなで全体像を明らかにしましょう。募金や受け入れ協力をする前に現状を正しく捉えませんか? 避難民受け入れの決定と政府の方針難民、避難民、紛争難民、などの用語はどう違う?日本はなぜ難民が少ないのか?難民は安心して日本で暮らしているのか?医療や就労の保障は?その他のトピック <8月> 医療通訳者の野望 タイトル:医療通訳者の野望日時:2022年8月13日(土) 15:00-16:30話題提供者:村松紀子 医療通訳研究会 (MEDINT) 代表 <概要>話題を提供してくださる村松紀子さんは2002年医療通訳研究会 (MEDINT) を立ち上げる前から、医療通訳を行なってこられ、その体験をもとに日本で最初に医療通訳を学問的にとらえ始めた方のうちのお一人です。 医療通訳について知っている方、知らない方、私は医療通訳だという方、いろいろな方に集まっていただいて、医療通訳って何する人なのか、現在の状況や未来、そしてわたしも医療通訳になれるのか、通訳はAIに任せてもいいのか、などなど一緒に考える時間を過ごしませんか。 CHARMER(*)、CHARMERの紹介がある方、当プログラムに参加した方もご参加いただけます。お申し込んだ方にzoomのミーティングIDを送ります。 お申込み先: charmer★charmjapan.com (★を@に変えてください) *CHARMERとは? CHARMの会員、活動メンバー、来館者などCHARMの主旨を理解している人々のことです。*Social Connection-つながり-はお互いの経験を聞き、共感し、知り、つながることで夢に向かう力を得る場です。毎回海外からもメンバーが参加しています。

2022年度会員総会のご案内(6月25日(土)15:00~、zoom)

CHARM正会員、サポーター、法人・団体サポーターの皆さまCHARMを支援してくださっている皆さま いつもCHARMの活動にご理解とご協力をいただき感謝申しあげます。 なかなか終わらない新型コロナウィルスの感染、ウクライナをはじめとする世界各地での紛争、度重なる地震、改めて平和とは何か、緊急時の対応をどうすればいいのか、このような社会の中で設立20周年を迎えたCHARMはどう歩むべきか、考えさせられる日々です。 また、COVID-19の中で医療機関や保健所の最前線で患者の命を支えてこられた医療従事者の皆さまに深い感謝と敬意を表します。医療従事者以外の方たちもご家族やご自身の生活や健康に影響が生じたことと思います。HIVと共に生きる人々や外国籍の人々を取り巻く状況もさまざまな影響を受けました。 今年の総会では、CHARM20周年にあたりこれからのCHARMの役割について話し合いたいと思います。 会員総会は、昨年に続き対面公開集会ではなく、リモート(zoom)での開催となります。ぜひご参加ください。 日時:2022年6月25日(土曜日)15:00–17:00 方法:zoom プログラム: 1)2021年度の活動報告  2)理事・事務局体制の紹介 3)問題提起 「多言語支援の必要性 -医療従事者の立場から感じること- 」 話題提供:森田 諒 (大阪市立総合医療センター感染症内科医師)大阪市立総合医療センターは市民病院として色々な疾患を持つ患者とその家族に対応してきています。多言語支援のシステム構築は各医療機関に任されている現在の日本の体制の中で現場では、色々な通訳システムや身振り手振りを含めた医療従事者の努力によって1つ1つの場面をこなしています。日本語の理解が十分ではない患者やその家族が安心して医療を受けることができるためにどうしたらシステム化できるのかについて考えている私の意見を皆さんと共有して意見交換をしたいと思います。 4)CHARM20周年記念事業のご紹介 申し込み: 会員総会参加申込みフォームよりお申し込みください。 オンラインの開催となりますので遠方の方も是非この機会にご参加ください。 ⇊ 2022年度会員総会参加申込みフォームはここをクリック⇊ 議決について 正会員の方は、議決書を郵送しております。2021年度の事業報告、会計決算、2022年度の事業計画案、予算案、その他の提案事項については、書面議決といたします。 書面決議書に記入の上6月22日(水)までに返信をお願いいたします。 2022年度会員総会参加申し込みフォーム 読み込んでいます…

2022年5月~7月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年5月~7月の「Social Connection・つながり」のご案内

<5月> 外国人介護士によるミラクル介護 <6月> 虐待という経験を通り抜けて <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ <5月> 外国人介護士によるミラクル介護 タイトル:外国人介護士によるミラクル介護日時:2022年5月14日(土) 15:00-16:30 話題提供者:外国人介護士 ンボット et al. さん <概要>いま日本では介護現場で多くの外国人が働いています。多くの人のケアー、個別の配慮、同僚との意思疎通、会議、毎日の細かい記録までこなす外国人介護士の姿勢は真剣そのもの。でもユーモアを忘れずに。ガイコクジンのケアを受けている利用者はどう感じているのでしょうか?その人たちの働きは日本人とちょっとかなり違う?何が違うのでしょうか?外国人介護士の存在と役割を直接外国人介護士から聞きます。 <6月> 虐待という経験を通り抜けて タイトル:虐待という経験を通り抜けて日時:2022年6月11日(土) 15:00-16:30 話題提供者:しゅん さん <概要>幼少期に虐待を経験したしゅんさんが、受けた傷を癒やすプロセスはやさしいものではありませんでした。自分が置かれていた状況を客観的に捉えることがきるようになるまで多くの時間を要しました。辛い経験を通り抜けるということはどういうことなのか、その経験が自分の行動にどのような影響を与えたのか、どのようなきっかけで自分の周りを見ることができるようになったのか、など通り抜けてきた経験とこれからを話していただきます。虐待について理解を深める機会としませんか。 <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ タイトル:ウクライナからの避難民の受け入れ日時:2022年7月9日(土) 15:00-16:30 話題提供者:参加者全員 <概要>ウクライナの悲惨な状況がテレビを通して報道され、日本の各地で避難民を受け入れるための自治体からの表明やボランティア団体の募集などが始まっています。日本は難民受け入れ鎖国として国際社会から非難されてきたのになぜ急に?よくわからないことを理解するために現状について見聞きしたものを持ち寄って話し合います。以下のトピックのどれかについて、何か得た情報があれば報告してみんなで全体像を明らかにしましょう。募金や受け入れ協力をする前に現状を正しく捉えませんか? 避難民受け入れの決定と政府の方針 難民、避難民、紛争難民、などの用語はどう違う? 日本はなぜ難民が少ないのか? 難民は安心して日本で暮らしているのか?医療や就労の保障は? その他のトピック CHARMER(*)、CHARMERの紹介がある方、当プログラムに参加した方もご参加いただけます。お申し込んだ方にzoomのミーティングIDを送ります。お申込み先: charmer●charmjapan.com (●を@に変更) *CHARMERとは? CHARMの会員、活動メンバー、来館者などCHARMの主旨を理解している人々のことです。*Social Connection-つながり-はお互いの経験を聞き、共感し、知り、つながることで夢に向かう力を得る場です。毎回海外からもメンバーが参加しています。

多言語ページを追加しました。署名の呼びかけ:「コロナで苦しむ移民・難民の命を守る制度を整えてください!」【Stop overprizing Medical Fees!】Sign our Petition!

日本で生活している外国人の中に、健康保険がないという理由で必要な医療が受けられない人々がいます。 WHO憲章は、医療は人権であることを宣言しています。しかし、現在の日本では、コロナ禍で仕事を失った人、学費が払えなくて退学になった人、が日本に滞在するための資格を失った場合、医療を受けることはできません。また自分の国に帰りたくても帰れない人、難民申請をしている人も健康保険に加入することもできません。体調が悪くても早い段階で医療を受けることができません。人が人として扱われる医療を保障する仕組みを作ることを日本政府に要請します。 それに伴い、移民・難民のみなさんにも署名にご協力いただけるよう、「コロナ禍の移民・難民の医療を求める連絡会」で多言語版を作成しました。その内容をCHARMのホームページに掲載しましたので、ご参考ください。また署名にご協力していただける移民・難民の方にも拡散をお願いします。 多言語チラシ掲載ページ【Stop overprizing Medical Fees!】 ↑ Multilingual (6 languages) information ↑ チラシの言語 (Available Languages) 英語 (English) スペイン語 (español) ポルトガル語 (português) ベトナム語 (Tiếng Việt) 韓国語 (한국어) タイ語 (ภาษาไทย)

2022年4月から木曜日のHIV/性感染症の電話相談対応言語が「英語」になります。

毎週の木曜日の電話相談の対応言語が変わります。 ~ 2022年3月31日    「英語/タガログ語(フィリピン語)」2022年4月7日~     「英語」 なお、タガログ語(フィリピン語)の相談は事務局が対応します。タガログ語で相談をご希望される方はCHARMのお問い合わせフォームまでお願いします          → お問い合わせフォーム <4月1日~外国語電話相談対応言語> 電話番号:06-6354-5901 火曜日 16:00~20:00  ポルトガル語/スペイン語/英語水曜日 16:00~20:00  中国語木曜日 16:00~20:00  英語 Languages available for telephone consultation on Thursdays will change from April. Until March 31, 2022:  ”English/Tagalog (Filipino)”From April 7, 2022:   “English” Tagalog (Filipino) language service is still available by contact form.…