感染症通訳研修会のご案内(2020年2月8日、9日)

日本語が得意ではない人でも安心して医療を受けるためには、医療通訳者の支援が必要です。
CHARMでは感染症に関する医療通訳者を医療機関や保健センターに派遣しています。
このたび、厚生労働科学研究事業との連携により、感染症(結核とHIV)医療通訳養成講座を開催します。
この2日間の受講後、CHARMの医療通訳として活動してくださる方が対象です。

日時:2020年2月8日(土)、9日(日)
場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)  会場:南101 (南館10階)
※(20/2/6)会場の記載に誤りがありました。修正済です。
〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14 (地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅から西へ300m)
【地図】

参加条件:
① 日本語ともう一つ別の言語が日常会話以上話せること。医療通訳の経験がある方。
② 平日昼間大阪府内の医療機関または保健福祉センター、平日夜間に京都市内の検査会場に行くことができる方。

募集人数:30名(言語ごとの人数枠があります。)        参加費:無料

申込フォームはこちらです。【申し込みフォーム】

申し込み締め切り:2020年1月27日(月)12:00まで。 ⇒ 申込みを2020年2月3日(月) 10:00まで延長します。
特にベトナム語通訳を大募集します
(定員になり次第締め切らせていただきます。)

☆自動返信後、事務局からの確定メールによりご参加決定となります。

スケジュール:

<1日目(初心編)>
10:00-10:40 プログラム紹介:CHARMについて、研究班の紹介
10:40-12:00 「HIVとは?」
講師:白野倫徳さん(大阪市立総合医療センター 医師)
12:00-13:10 休憩、講義室の移動
13:10-14:30 「結核」
講師:津田侑子さん (大阪市保健所 医師)
14:40-16:00 通訳技法 講師:西松鈴美さん
16:10-16:50 当事者の話を聴く

<2日目(実践編)>
10:00-11:20 医療通訳の職業倫理
講師:飯田奈美子さん
11:30-12:30 医療通訳者のセルフケア
講師:佐分利美佳さん
12:30-13:30 休憩、講義室の移動
(言語ごとに分かれます)
13:30-16:00 ロールプレイ(人数制限があります) 英語、中国語、ベトナム語
※それ以外の言語は見学
16:10-16:30 研修のまとめ

なお、この講座は、厚生労働科学研究費補助金による「外国人に対するHIV検査と医療サービスへのアクセス向上に関する研究班」の協力により実施します。
受講者にアンケートへのご協力をお願いいたします。あらかじめご了承ください。

問合せ先: CHARM事務所  担当:庵原(いはら)
Tel/Fax  : (06)6354-5902 (月曜-木曜日、10-17時)
ホームページ: www.charmjapan.com

チラシ(PDFファイル)
感染症通訳研修会のご案内(2020年2月8日、9日)

 

<修正履歴>2020/1/8 12:08 チラシ内容一部修正。