CHARM

2022年5月~7月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年5月~7月の「Social Connection・つながり」のご案内

<5月> 外国人介護士によるミラクル介護 <6月> 虐待という経験を通り抜けて <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ <5月> 外国人介護士によるミラクル介護 タイトル:外国人介護士によるミラクル介護日時:2022年5月14日(土) 15:00-16:30 話題提供者:外国人介護士 ンボット et al. さん <概要>いま日本では介護現場で多くの外国人が働いています。多くの人のケアー、個別の配慮、同僚との意思疎通、会議、毎日の細かい記録までこなす外国人介護士の姿勢は真剣そのもの。でもユーモアを忘れずに。ガイコクジンのケアを受けている利用者はどう感じているのでしょうか?その人たちの働きは日本人とちょっとかなり違う?何が違うのでしょうか?外国人介護士の存在と役割を直接外国人介護士から聞きます。 <6月> 虐待という経験を通り抜けて タイトル:虐待という経験を通り抜けて日時:2022年6月11日(土) 15:00-16:30 話題提供者:しゅん さん <概要>幼少期に虐待を経験したしゅんさんが、受けた傷を癒やすプロセスはやさしいものではありませんでした。自分が置かれていた状況を客観的に捉えることがきるようになるまで多くの時間を要しました。辛い経験を通り抜けるということはどういうことなのか、その経験が自分の行動にどのような影響を与えたのか、どのようなきっかけで自分の周りを見ることができるようになったのか、など通り抜けてきた経験とこれからを話していただきます。虐待について理解を深める機会としませんか。 <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ タイトル:ウクライナからの避難民の受け入れ日時:2022年7月9日(土) 15:00-16:30 話題提供者:参加者全員 <概要>ウクライナの悲惨な状況がテレビを通して報道され、日本の各地で避難民を受け入れるための自治体からの表明やボランティア団体の募集などが始まっています。日本は難民受け入れ鎖国として国際社会から非難されてきたのになぜ急に?よくわからないことを理解するために現状について見聞きしたものを持ち寄って話し合います。以下のトピックのどれかについて、何か得た情報があれば報告してみんなで全体像を明らかにしましょう。募金や受け入れ協力をする前に現状を正しく捉えませんか? 避難民受け入れの決定と政府の方針 難民、避難民、紛争難民、などの用語はどう違う? 日本はなぜ難民が少ないのか? 難民は安心して日本で暮らしているのか?医療や就労の保障は? その他のトピック CHARMER(*)、CHARMERの紹介がある方、当プログラムに参加した方もご参加いただけます。お申し込んだ方にzoomのミーティングIDを送ります。お申込み先: charmer●charmjapan.com (●を@に変更) *CHARMERとは? CHARMの会員、活動メンバー、来館者などCHARMの主旨を理解している人々のことです。*Social Connection-つながり-はお互いの経験を聞き、共感し、知り、つながることで夢に向かう力を得る場です。毎回海外からもメンバーが参加しています。

多言語ページを追加しました。署名の呼びかけ:「コロナで苦しむ移民・難民の命を守る制度を整えてください!」【Stop overprizing Medical Fees!】Sign our Petition!

日本で生活している外国人の中に、健康保険がないという理由で必要な医療が受けられない人々がいます。 WHO憲章は、医療は人権であることを宣言しています。しかし、現在の日本では、コロナ禍で仕事を失った人、学費が払えなくて退学になった人、が日本に滞在するための資格を失った場合、医療を受けることはできません。また自分の国に帰りたくても帰れない人、難民申請をしている人も健康保険に加入することもできません。体調が悪くても早い段階で医療を受けることができません。人が人として扱われる医療を保障する仕組みを作ることを日本政府に要請します。 それに伴い、移民・難民のみなさんにも署名にご協力いただけるよう、「コロナ禍の移民・難民の医療を求める連絡会」で多言語版を作成しました。その内容をCHARMのホームページに掲載しましたので、ご参考ください。また署名にご協力していただける移民・難民の方にも拡散をお願いします。 多言語チラシ掲載ページ【Stop overprizing Medical Fees!】 ↑ Multilingual (6 languages) information ↑ チラシの言語 (Available Languages) 英語 (English) スペイン語 (español) ポルトガル語 (português) ベトナム語 (Tiếng Việt) 韓国語 (한국어) タイ語 (ภาษาไทย)

2022年4月から木曜日のHIV/性感染症の電話相談対応言語が「英語」になります。

毎週の木曜日の電話相談の対応言語が変わります。 ~ 2022年3月31日    「英語/タガログ語(フィリピン語)」2022年4月7日~     「英語」 なお、タガログ語(フィリピン語)の相談は事務局が対応します。タガログ語で相談をご希望される方はCHARMのお問い合わせフォームまでお願いします          → お問い合わせフォーム <4月1日~外国語電話相談対応言語> 電話番号:06-6354-5901 火曜日 16:00~20:00  ポルトガル語/スペイン語/英語水曜日 16:00~20:00  中国語木曜日 16:00~20:00  英語 Languages available for telephone consultation on Thursdays will change from April. Until March 31, 2022:  ”English/Tagalog (Filipino)”From April 7, 2022:   “English” Tagalog (Filipino) language service is still available by contact form.…

2022年4月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年4月の「Social Connection・つながり」のご案内

<4月開催のプログラム案内> タイトル:交流と対話の場 街の本屋 日時:2022年4月9日(土) 15:00-16:30 話題提供者:坂岡隆司さん <概要>精神に障がいがある方々の地域生活支援と就労支援を京都市おこなってきた社会福祉法人ミッションからしだねが1階に本屋をオープンしたのがコロナ禍の2021年3月。人々の本離れが進む中あえて本屋をオープンした思い、本屋として発信していること、本屋という場の可能性、開店1年を経た今感じていることなどを理事長の坂岡さんにお話いただきます。本の魅力を知っている人たち、本屋の魅力を知りたい人たち、ぜひご参加を。 ☆~★~Social Connectionがリフレッシュ・オープンします!~★~☆ Social Connectionは、緊急事態宣言等で人と会う機会がない中でつながり続ける一つの方法として2020年6月からスタートしました。 1年半の間に毎月異なるトピックで話をする井戸端会議には海外や遠方からも参加がありこの場を続ける希望が多かったため2022年度はリフレッシュ・オープンすることになりました。 アップグレードされた内容は 1. プログラムの内容は4つの柱のトピックを扱う。  a)専門家の話を聞く。 例えば、街の◯◯屋さん、感染症専門医、など。  b)海外(日本も含む)に暮らして経験したこと。  c)気になるニュースについて話したい。  d)私の話を聞いて/この人の話聞かない? 2. 自分のことを話しても安全な場を確保することは継続する。  参加者は、CHARMに関わり団体の目指すことを理解している人と紹介を受けた人。  参加のルールを開始前に確認する。 3. プログラムの企画を半年単位で募集してみんなで井戸端会議の場を作る。  現在5~9月の企画を募集中です。 4. 多くの人が関心を持つプログラムをフォーラムとして企画し一般公開する。  2022年度は1つ公開プログラムを開催したいと思います。 CHARMER(*)、CHARMERの紹介がある方、当プログラムに参加した方もご参加いただけます。お申し込んだ方にzoomのミーティングIDを送ります。お申込み先: charmer●charmjapan.com (●を@に変更) *CHARMERとは? CHARMの会員、活動メンバー、来館者などCHARMの主旨を理解している人々のことです。*Social Connection-つながり-はお互いの経験を聞き、共感し、知り、つながることで夢に向かう力を得る場です。毎回海外からもメンバーが参加しています。

2022年2月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年2月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年 2月  Social Connection -つながり- 日時:2022年 2月 12日 (第2土曜日)15:00-16:30  トピック:LGBTQフレンドリーな社会資源を広げていこう 話題提供者:桂木祥子 (QWRC) <概要> セクシュアリティーの多様性があたりまえの社会を目指した取り組みを長年行ってきたQWRCが「LGBTQフレンドリー指標」を作成する取り組みをしました。 障がい者施設や高齢者施設などに対して行ったアンケートを通してみえてきたことを聞きます。 背景の人が排除されない環境が広がっていくためにこれから目指す社会のあり方について話し合います。 CHARMER(*)、CHARMERの紹介がある方、当プログラムに参加した方もご参加いただけます。 お申し込んだ方にzoomのミーティングIDを送ります。 お申込み先: charmer●charmjapan.com (●を@に変更) *CHARMERとは? CHARMの会員、活動メンバー、来館者などCHARMの主旨を理解している人々のことです。 *Social Connection-つながり-はお互いの経験を聞き、共感し、知り、つながることで夢に向かう力を得る場です。毎回海外からもメンバーが参加しています。