CHARM

「つなぐ・まもる・つむぐ募金」のご案内

「つなぐ・まもる・つむぐ募金」のご案内

CHARM設立20周年記念募金 「つなぐ・まもる・つむぐ募金」 をスタートしました。 ※目標額:200万円 目的 外国人、日本人のへだてなく、日本国内に住むすべての人が言葉の壁を超えて医療につながり、心身の健康を保てるようにと始まったCHARMの活動は2022年度に創立20周年を迎えました。 この間、HIV/AIDSをはじめとする感染症への誤解や偏見と立ち向かい、多くの支援者当事者、そして関連団体と協働し活動を進め、今日に至りました。 外国人労働者、居住者が増加の一歩をたどる日本において、外国人のための医療体制、保健社会福祉制度はまだまだ途上にあります。CHARMはこれらのさらなる充実を社会に働きかけるため、2022年度2023年度の2ヶ年をかけて記念事業を計画しています。その事業を準備実施することで、その成果を社会に伝え変革の一助となることを願って記念募金を実施します。 募金期間 2022年6月1日 ~ 2023年12月31日 (約1年半) 用途 1. 2022年度開催の移住者とH IVに関する国際フォーラム開催のため(各国への通訳費用、謝礼、実施に向けての機材の購入/レンタル、貸し会場費用などの諸経費) 2. 国内外に住む外国人に日本の医療アクセスや感染症に関する情報を提供するインターネット環境の充実のため 3. 国内におけるHIV/AIDSの歴史を集積するため (インタビューや出張費、編集経費など) 4. 記念事業終了後の日本のHIV/AIDS、国内の居住外国人の医療体制に関する資料集発刊のため 5. HIV以外の分野で在日外国人が保健医療の支援を必要としている際の多言語支援経費 6. CHARMを周知するためのオリジナルグッズの作成費用 (クリアファイル、一筆箋、マスク、シールなど) 募金方法 A 銀行振込 *振り込みの後に、HPにあるフォームに詳細をご連絡ください。  ①CHARMの銀行口座に振り込んでください。  (CHARMの銀行口座一覧はこちらをクリックしてください。)  ②CHARMのHPにあるフォームに詳細をご連絡ください。  (お知らせフォームはこちらをクリックしてください。) B オンライン決済 *コングラントのページで行います。  コングラントのCHARM募金ページはこちらをクリックしてください。

2022年8月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年8月の「Social Connection・つながり」のご案内

<8月> 医療通訳者の野望 <9月> 街のお薬屋さんってどんなところ? <10月> Mangi ci jam (マンギチジャム) <8月> 医療通訳者の野望 タイトル:医療通訳者の野望日時:2022年8月13日(土) 15:00-16:30話題提供者:村松紀子 医療通訳研究会 (MEDINT) 代表 <概要>話題を提供してくださる村松紀子さんは2002年医療通訳研究会 (MEDINT) を立ち上げる前から、医療通訳を行なってこられ、その体験をもとに日本で最初に医療通訳を学問的にとらえ始めた方のうちのお一人です。 医療通訳について知っている方、知らない方、私は医療通訳だという方、いろいろな方に集まっていただいて、医療通訳って何する人なのか、現在の状況や未来、そしてわたしも医療通訳になれるのか、通訳はAIに任せてもいいのか、などなど一緒に考える時間を過ごしませんか。 <9月> 街のお薬屋さんってどんなところ? タイトル:街のお薬屋さんってどんなところ?日時:2022年9月10日(土) 15:00-16:30話題提供者:迫田直樹  法円坂薬局 薬剤師 <概要>家の近くにあるお薬屋さん。予約なしに薬剤師に会える場です。ちょっと体調不良の時に相談できるところが身近にあったら安心ではないでしょうか。プライバシーに配慮した薬局運営をしてこられている迫田さんにお話をお聞きします。 ・ドラッグストアーや調査剤薬局など色々な名前がありますが、どのように違うのですか? ・自分の状態や症状にあった薬を選ぶためにお薬屋さんで相談できる人はいるのかしら? ・薬剤師の教育課程には西洋の薬だけではなく、漢方薬やその他の療法についても勉強をしているのですか? ・ジェネリック薬品の効果は、純正の薬と同じ?ジェネリック薬品の選択についてお薬屋さんでどのように相談したら良いでしょうか? ・お薬屋さんは、これまでの薬屋を超えた役割を持っているのかな?と感じることがあります。健康情報を発信する拠点になったり、コロナ感染症の検査やワクチン接種の会場となったりしています。これらは、ここの薬局の個性ですか?自治体や国の方針ですか? ・薬剤師としてできること、できないこと、やりたいこと など お聞きしたいです。 <10月> Mangi ci jam (マンギチジャム) タイトル:Mangi ci jam…

2022年度感染症医療通訳研修のお知らせ

2022年度感染症医療通訳研修のお知らせ

2022年度「感染症医療通訳研修」の詳細及び参加申込受付開始をいたしました。 CHARMでは日本語が得意ではない人が医療を受けることを保障するため国と自治体から委託を受け感染症(HIV, 結核)通訳を派遣しています。 CHARMの医療通訳者を養成するための医療通訳養成講座を開催します。講座では、結核、HIV / AIDSの基礎、通訳者の役割、通訳技法を学んだ後、グループワーク、ロールプレイなどの実践を行います。研修は積み重ねとなっていますので全日程参加してください。 たくさんの方のご参加をお待ちしております。 開催日程 8月 13日(土) 10:00-14:30 9月 17日(土) 10:00-14:30 10月 8日(土) 13:00-17:00 11月 5日(土) 9:00-17:00 開催方法 ZOOMによる遠隔開催 参加条件 ①8月から11月までの4回の講座全てに参加できる方。 ②日本語ともう一つ別の言語が日常会話以上話せること。医療通訳の経験がある方。 ③研修終了後にCHARMの医療通訳者として登録し、主に月〜金の昼間近畿圏内の医療機関、保健福祉センター、HIV検査会場などに通訳に行くことができる方。 募集人数 50名(ロールプレイ参加人数は各言語5名とします。)詳しくは裏面をご覧ください。 参加費 無料 申込締め切り 2022年8月5日(金)12:00まで。 ※ 定員になり次第締め切らせていただきます。 申し込み方法 フォームよりお申し込みをお願いします → https://forms.gle/UgFfZmYSYs3aGE2u7 ☆自動返信後、事務局からの確定メールによりご参加決定となります。 2022年度CHARM感染症医療通訳研修チラシ(PDF)は…

2022年7月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年7月の「Social Connection・つながり」のご案内

<7月> ウクライナからの避難民の受け入れ <8月> 医療通訳者の野望 <9月> 街のお薬屋さんってどんなところ? <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ タイトル:ウクライナからの避難民の受け入れ 日時:2022年7月9日(土) 15:00-16:30 話題提供者:参加者全員 <概要> ウクライナの悲惨な状況がテレビを通して報道され、日本の各地で避難民を受け入れるための自治体からの表明やボランティア団体の募集などが始まっています。 日本は難民受け入れ鎖国として国際社会から非難されてきたのになぜ急に? よくわからないことを理解するために現状について見聞きしたものを持ち寄って話し合います。 以下のトピックのどれかについて、何か得た情報があれば報告してみんなで全体像を明らかにしましょう。 募金や受け入れ協力をする前に現状を正しく捉えませんか? 避難民受け入れの決定と政府の方針 難民、避難民、紛争難民、などの用語はどう違う? 日本はなぜ難民が少ないのか? 難民は安心して日本で暮らしているのか?医療や就労の保障は? その他のトピック <8月> 医療通訳者の野望 タイトル:医療通訳者の野望 日時:2022年8月13日(土) 15:00-16:30 話題提供者:村松紀子 医療通訳研究会 (MEDINT) 代表 <概要> 話題を提供してくださる村松紀子さんは2002年医療通訳研究会 (MEDINT) を立ち上げる前から、医療通訳を行なってこられ、その体験をもとに日本で最初に医療通訳を学問的にとらえ始めた方のうちのお一人です。 医療通訳について知っている方、知らない方、私は医療通訳だという方、いろいろな方に集まっていただいて、医療通訳って何する人なのか、現在の状況や未来、そしてわたしも医療通訳になれるのか、通訳はAIに任せてもいいのか、などなど一緒に考える時間を過ごしませんか。 <9月> 街のお薬屋さんってどんなところ? タイトル:お薬屋さんってどんなところ?日時:2022年9月10日(土) 15:00-16:30…

2022年6月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年6月の「Social Connection・つながり」のご案内

<6月> 虐待という経験を通り抜けて <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ <8月> 医療通訳者の野望 <6月> 虐待という経験を通り抜けて タイトル:虐待という経験を通り抜けて日時:2022年6月11日(土) 15:00-16:30話題提供者:しゅん さん <概要>幼少期に虐待を経験したしゅんさんが、受けた傷を癒やすプロセスはやさしいものではありませんでした。自分が置かれていた状況を客観的に捉えることがきるようになるまで多くの時間を要しました。辛い経験を通り抜けるということはどういうことなのか、その経験が自分の行動にどのような影響を与えたのか、どのようなきっかけで自分の周りを見ることができるようになったのか、など通り抜けてきた経験とこれからを話していただきます。虐待について理解を深める機会としませんか。 <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ タイトル:ウクライナからの避難民の受け入れ日時:2022年7月9日(土) 15:00-16:30話題提供者:参加者全員 <概要>ウクライナの悲惨な状況がテレビを通して報道され、日本の各地で避難民を受け入れるための自治体からの表明やボランティア団体の募集などが始まっています。日本は難民受け入れ鎖国として国際社会から非難されてきたのになぜ急に?よくわからないことを理解するために現状について見聞きしたものを持ち寄って話し合います。以下のトピックのどれかについて、何か得た情報があれば報告してみんなで全体像を明らかにしましょう。募金や受け入れ協力をする前に現状を正しく捉えませんか? 避難民受け入れの決定と政府の方針難民、避難民、紛争難民、などの用語はどう違う?日本はなぜ難民が少ないのか?難民は安心して日本で暮らしているのか?医療や就労の保障は?その他のトピック <8月> 医療通訳者の野望 タイトル:医療通訳者の野望日時:2022年8月13日(土) 15:00-16:30話題提供者:村松紀子 医療通訳研究会 (MEDINT) 代表 <概要>話題を提供してくださる村松紀子さんは2002年医療通訳研究会 (MEDINT) を立ち上げる前から、医療通訳を行なってこられ、その体験をもとに日本で最初に医療通訳を学問的にとらえ始めた方のうちのお一人です。 医療通訳について知っている方、知らない方、私は医療通訳だという方、いろいろな方に集まっていただいて、医療通訳って何する人なのか、現在の状況や未来、そしてわたしも医療通訳になれるのか、通訳はAIに任せてもいいのか、などなど一緒に考える時間を過ごしませんか。 CHARMER(*)、CHARMERの紹介がある方、当プログラムに参加した方もご参加いただけます。お申し込んだ方にzoomのミーティングIDを送ります。 お申込み先: charmer★charmjapan.com (★を@に変えてください) *CHARMERとは? CHARMの会員、活動メンバー、来館者などCHARMの主旨を理解している人々のことです。*Social Connection-つながり-はお互いの経験を聞き、共感し、知り、つながることで夢に向かう力を得る場です。毎回海外からもメンバーが参加しています。

2022年度会員総会のご案内(6月25日(土)15:00~、zoom)

CHARM正会員、サポーター、法人・団体サポーターの皆さまCHARMを支援してくださっている皆さま いつもCHARMの活動にご理解とご協力をいただき感謝申しあげます。 なかなか終わらない新型コロナウィルスの感染、ウクライナをはじめとする世界各地での紛争、度重なる地震、改めて平和とは何か、緊急時の対応をどうすればいいのか、このような社会の中で設立20周年を迎えたCHARMはどう歩むべきか、考えさせられる日々です。 また、COVID-19の中で医療機関や保健所の最前線で患者の命を支えてこられた医療従事者の皆さまに深い感謝と敬意を表します。医療従事者以外の方たちもご家族やご自身の生活や健康に影響が生じたことと思います。HIVと共に生きる人々や外国籍の人々を取り巻く状況もさまざまな影響を受けました。 今年の総会では、CHARM20周年にあたりこれからのCHARMの役割について話し合いたいと思います。 会員総会は、昨年に続き対面公開集会ではなく、リモート(zoom)での開催となります。ぜひご参加ください。 日時:2022年6月25日(土曜日)15:00–17:00 方法:zoom プログラム: 1)2021年度の活動報告  2)理事・事務局体制の紹介 3)問題提起 「多言語支援の必要性 -医療従事者の立場から感じること- 」 話題提供:森田 諒 (大阪市立総合医療センター感染症内科医師)大阪市立総合医療センターは市民病院として色々な疾患を持つ患者とその家族に対応してきています。多言語支援のシステム構築は各医療機関に任されている現在の日本の体制の中で現場では、色々な通訳システムや身振り手振りを含めた医療従事者の努力によって1つ1つの場面をこなしています。日本語の理解が十分ではない患者やその家族が安心して医療を受けることができるためにどうしたらシステム化できるのかについて考えている私の意見を皆さんと共有して意見交換をしたいと思います。 4)CHARM20周年記念事業のご紹介 申し込み: 会員総会参加申込みフォームよりお申し込みください。 オンラインの開催となりますので遠方の方も是非この機会にご参加ください。 ⇊ 2022年度会員総会参加申込みフォームはここをクリック⇊ 議決について 正会員の方は、議決書を郵送しております。2021年度の事業報告、会計決算、2022年度の事業計画案、予算案、その他の提案事項については、書面議決といたします。 書面決議書に記入の上6月22日(水)までに返信をお願いいたします。 2022年度会員総会参加申し込みフォーム 読み込んでいます…