CHARM

2021年12月の「Social Connection・つながり」のご案内

2021年12月  Social Connection -つながり- 日時:2021年12月11日(第2土曜日)15:00-16:30 トピック:セクシュアルマイノリティーにとっての 避難所 —私たちの場はあるんだろうか— 話題提供者:岳中美江さん 特定非営利活動法人バルビー(BULBY) 事務局長  <概要>日本では、地震、台風、洪水と日本では毎年どこかで災害が起こっています。その度に作られる避難所。学校の体育館等を利用して即席で作られる避難所は、危険と不安から逃れて来た人たちにとりあえず雨風がしのげる所を提供します。しかし、そこにはセクシュアルマイノリティーの人たちの場があるのでしょうか?2016年の熊本地震を皮切りに災害被災者支援に取り組んでいるCharmerの岳中さんに避難所の現実を話していただきます。 CHARMER(*)、CHARMERの紹介がある方、当プログラムに参加した方もご参加いただけます。お申し込んだ方にzoomのミーティングIDを送ります。 お申込み先: charmer●charmjapan.com (●を@に変更) *CHARMERとは?CHARMの会員、活動メンバー、来館者などCHARMの主旨を理解している人々のことです。*Social Connection-つながり-はお互いの経験を聞き、共感し、知り、つながることで夢に向かう力を得る場です。毎回海外からもメンバーが参加しています。

2021年11月の「Social Connection・つながり」のご案内

2021年11月の「Social Connection・つながり」のご案内

2021年11月  Social Connection -つながり- 日時:2021年11月13日(第2土曜日)15:00-16:30 トピック: 無保険の移民・難民の人たちは医療サービスを受けられない? 在留資格のない外国人は保険に入れない? 話題提供者:中路綾夏さん  Cedars-Sinai Medical Center ソーシャルワーカー (カリフォルニア州ロスアンゼルス) <概要> 現在の日本では、外国人が仕事を失ったり、学費が払えなくて退学になり日本に滞在する在留資格を失った場合、医療を受けることはできません。 また自分の国に帰りたくても帰れない人、難民申請をしている人も健康保険に加入することもできません。 他の国はどうなのでしょうか? アメリカとタイの状況を聞きたいと思います。 みなさんぜひご参加ください。   CHARMER(*)、CHARMERの紹介がある方、当プログラムに参加した方もご参加いただけます。 お申し込んだ方にzoomのミーティングIDを送ります。 お申込み先: charmer●charmjapan.com (●を@に変更) *CHARMERとは? CHARMの会員、活動メンバー、来館者などCHARMの主旨を理解している人々のことです。 *Social Connection-つながり-はお互いの経験を聞き、共感し、知り、つながることで夢に向かう力を得る場です。 毎回海外からもメンバーが参加しています。

大阪市西成区の相談会等のイベントに通訳を派遣します<11月27日>

大阪市西成区の相談会等のイベントに通訳を派遣します<11月27日>

<他団体情報> 「第5回相談会&食料・生活用品無料配布」イベントが開催されます。 日時 2021年11月27日(土) 10:30~15:00 場所 西成区民センター 1階ホール 「支援制度がよくわからない」 「コロナで生活が苦しくなった」 「家賃が払えそうにない」 「今、住むところがない」 「お金が残り少ない、どうしよう」 など 一人で悩まないで、まずは相談を。。。 CHARMは言葉の支援で相談会に参加します。 当日は「英語」、「ベトナム語」、「タガログ語」、「ネパール語」の通訳を派遣する予定になっています。 大阪市内等に住んでいて、困っているご友人などがございましたら、ぜひ案内ください。 (※211110更新:チラシを最新版に変更)

<署名開始>コロナで苦しむ移民・難民の命を守る制度を整えてください!

<署名開始>コロナで苦しむ移民・難民の命を守る制度を整えてください!

CHARMは日本に住む日本人も外国人も、みんなが健康に過ごせる社会を目指しています。 しかし、日本で生活している外国人の中に、健康保険がないという理由で必要な医療が受けられない人々がいます。 WHO憲章は、医療は人権であることを宣言しています。 しかし、現在の日本では、コロナ禍で仕事を失った人、学費が払えなくて退学になった人、が日本に滞在するための資格を失った場合、医療を受けることはできません。 また自分の国に帰りたくても帰れない人、難民申請をしている人も健康保険に加入することもできません。 体調が悪くても早い段階で医療を受けることができません。 人が人として扱われる医療を保障する仕組みを作ることを日本政府に要請します。 よりよい社会にするため、Charge.org署名に参加してみませんか。もちろん、お友達等にも今、日本で起きているこの問題を伝えていただけませんか。みんなの力でよりよい社会を作っていきませんか。 仕組みを作ることを要望する署名のページは専門用語も含まれていますが、ページの最後には専門用語の説明も付いているので見てください。 インターネットでの署名(Charge.org) ※第一次締切:2021年12月31日 ※署名用紙をご希望の方は、CHARM事務局にご連絡ください。 ーお金のない人から、高額な医療費をとらないで!ー 「コロナ禍で苦しむ移民・難民の命を守る制度を整えてください。」 リンク先: https://www.change.org/EmergencyMedicalAid  

HIV総合相談窓口(SO・SO・SO)の受付を開始しました(10月1日~)

みなさん、こんにちは。 10月1日から新しいサービス「HIV総合相談窓口 SO・SO・SO」の受付を開始しました。 SO・SO・SO(ソーソーソー)とは。。。 HIV陽性者の方とその周りの方のためのメールによる相談です。 SO・SO・SOでどんな相談ができるの?  ー HIV感染症について相談          ー 就労、職場での出来事に関する相談  ー 家族の不安のための相談  ー 薬物依存症のための相談  ー 老後についての相談  ー 女性のための相談           など どんな人が対応してくれるの?  相談内容に対応できる様々な背景の人と相談できます。  ・医療従事者  ・HIV陽性当事者  ・カウンセラー  ・薬剤師     など  専門家やHIV陽性者に直接相談もできます。 まずは >>> SO・SO・SO詳細ページ & 連絡フォーム <<< にご連絡ください。

2021年10月の「Social Connection・つながり」のご案内

2021年10月  Social Connection -つながり- 日時:2021年10月9日(第2土曜日)15:00-16:30 トピック:「キラキラネーム風ですがどうぞよろしく!-ある在日3世の名前の経験-」 話題提供者:徐淑子 (そうすっちゃ 在日3世、新潟県在住) <概要> 個人のアイデンティティーの象徴である本名で生きる徐さんがこれまでの経験の中で感じてこられたことを話していただき、皆でディスカッションをしたいと思います。 長年HIVの活動や研究に携わってこられた徐さんにご自身のことをお聞きする初めての機会です。 みなさんぜひご参加ください。 CHARMER(*)、CHARMERの紹介がある方、当プログラムに参加した方もご参加いただけます。 お申し込んだ方にzoomのミーティングIDを送ります。 お申込み先: charmer●charmjapan.com (●を@に変更) *CHARMERとは? CHARMの会員、活動メンバー、来館者などCHARMの主旨を理解している人々のことです。 *Social Connection-つながり-はお互いの経験を聞き、共感し、知り、つながることで夢に向かう力を得る場です。 毎回海外からもメンバーが参加しています。