CHARM

つながり

2022年10月の「Social Connection・つながり」のご案内

<10月> Mangi ci jam (マンギチジャム) <11月> 福島県の児童養護施設、低線量被ばく下の子どもたちの健康を考える <12月>日本の刑務所 社会復帰につながる刑務作業、懲罰、教育とは? <10月> Mangi ci jam (マンギチジャム) タイトル:Mangi ci jam (マンギチジャム) 〜セネガルの暮らしにある平和のイスラム文化〜〜セネガルの暮らしにある平和とイスラム文化〜日時:2022年10月8日(土) 15:00-16:30話題提供者:オンバダ香織さん  CHARMスタッフ、Bokk Janbaarスタッフ <概要>Mangi ci jam(マンギチジャム)「私は平和ですよ」この言葉はセネガルの現地語であるウオルフ語であいさつの時に言います。アフリカには、一人ひとりの存在を尊重し、助け合いや分かち合いを重んじる文化があります。この基礎にある平和(個人的なレベルから社会的なレベルまで)についてご紹介します。平和を保つために、日々、人々がやっていること、社会に浸透している考え方や価値観など、日本では忘れられがちな大切なものを、セネガルのお話を通じて再発見出来るかもしれません。 <11月> 「福島県の児童養護施設、低線量被ばく下の子どもたちの健康を考える」 ーーこれまでの活動とこれからーー タイトル:「福島県の児童養護施設、低線量被ばく下の子どもたちの健康を考える」 ーーこれまでの活動とこれからーー日時:2022年11月12日(土) 15:00-16:30話題提供者:小田美乃里さん 福島県の児童養護施設の子どもの健康を考える会(ICA福子) 協力医 <概要>2011年3月11日、東日本大震災の発生とそれに続く大津波、そして東京電力福島第一原子力発電所での事故の発生。だれもがここからすぐに逃げなければ、と思ったあの日、行政の機能不全によって児童養護施設から移動することができなかった子どもたち。一刻も早く安全なところに子どもたちを避難させることが叶わなかった職員たち。この人たちの健康を見守りつづけることを願って、「福島県の児童養護施設の子どもの健康を考える会」は生まれました。施設での甲状腺エコー検査をはじめとする弊会のこれまでの活動と、卒園生の自立支援など今後の課題について、参加者のみなさまと分かち合いたいと思います。 <12月> 日本の刑務所 社会復帰につながる刑務作業、懲罰、教育とは? タイトル:「日本の刑務所 社会復帰につながる刑務作業、懲罰、教育とは?」 日時:2022年12月10日(土) 15:00-16:30話題提供者:五十嵐弘志 (NPO法人マザーハウス理事長)      田嶋千里 (CHARMメンバー、元スタッフ、元刑務所勤務) <概要>刑務所におられるのは、普通の人です。そして時が来ればまた隣人として社会の中に暮らすようになります。受刑者と手紙のやり取りをしている中で伝わってくるのは、速度と完璧さを要求される刑務作業、合理性のない規則に反したら与えられる懲罰、限られた教育の機会。再スタートする人生に向けて必要な自信や社会性を身につける機会は現在の刑務所にはないのでしょうか?刑務所を知って考えてみましょう。 CHARMER(*)、CHARMERの紹介がある方、当プログラムに参加した方もご参加いただけます。 お申し込んだ方にzoomのミーティングIDを送ります。 お申込み先: charmer★charmjapan.com (★を@に変えてください) *CHARMERとは?…

2022年9月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年9月の「Social Connection・つながり」のご案内

<9月> 街のお薬屋さんってどんなところ? <10月> Mangi ci jam (マンギチジャム) <11月> 福島県の児童養護施設、低線量被ばく下の子どもたちの健康を考える <9月> 街のお薬屋さんってどんなところ? タイトル:街のお薬屋さんってどんなところ?日時:2022年9月10日(土) 15:00-16:30話題提供者:迫田直樹さん  法円坂薬局 薬剤師 <概要>家の近くにあるお薬屋さん。予約なしに薬剤師に会える場です。ちょっと体調不良の時に相談できるところが身近にあったら安心ではないでしょうか。プライバシーに配慮した薬局運営をしてこられている迫田さんにお話をお聞きします。 ・ドラッグストアーや調査剤薬局など色々な名前がありますが、どのように違うのですか? ・自分の状態や症状にあった薬を選ぶためにお薬屋さんで相談できる人はいるのかしら? ・薬剤師の教育課程には西洋の薬だけではなく、漢方薬やその他の療法についても勉強をしているのですか? ・ジェネリック薬品の効果は、純正の薬と同じ?ジェネリック薬品の選択についてお薬屋さんでどのように相談したら良いでしょうか? ・お薬屋さんは、これまでの薬屋を超えた役割を持っているのかな?と感じることがあります。健康情報を発信する拠点になったり、コロナ感染症の検査やワクチン接種の会場となったりしています。これらは、ここの薬局の個性ですか?自治体や国の方針ですか? ・薬剤師としてできること、できないこと、やりたいこと など お聞きしたいです。 <10月> Mangi ci jam (マンギチジャム) タイトル:Mangi ci jam (マンギチジャム)〜セネガルの暮らしにある平和とイスラム文化〜日時:2022年10月8日(土) 15:00-16:30話題提供者:オンバダ香織さん  CHARMスタッフ、Bokk Janbaarスタッフ <概要>Mangi ci jam(マンギチジャム)「私は平和ですよ」この言葉はセネガルの現地語であるウオルフ語であいさつの時に言います。アフリカには、一人ひとりの存在を尊重し、助け合いや分かち合いを重んじる文化があります。この基礎にある平和(個人的なレベルから社会的なレベルまで)についてご紹介します。平和を保つために、日々、人々がやっていること、社会に浸透している考え方や価値観など、日本では忘れられがちな大切なものを、セネガルのお話を通じて再発見出来るかもしれません。 <11月> 「福島県の児童養護施設、低線量被ばく下の子どもたちの健康を考える」 ーーこれまでの活動とこれからーー タイトル:「福島県の児童養護施設、低線量被ばく下の子どもたちの健康を考える」 ーーこれまでの活動とこれからーー日時:2022年11月12日(土)…

2022年8月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年8月の「Social Connection・つながり」のご案内

<8月> 医療通訳者の野望 <9月> 街のお薬屋さんってどんなところ? <10月> Mangi ci jam (マンギチジャム) <8月> 医療通訳者の野望 タイトル:医療通訳者の野望日時:2022年8月13日(土) 15:00-16:30話題提供者:村松紀子 医療通訳研究会 (MEDINT) 代表 <概要>話題を提供してくださる村松紀子さんは2002年医療通訳研究会 (MEDINT) を立ち上げる前から、医療通訳を行なってこられ、その体験をもとに日本で最初に医療通訳を学問的にとらえ始めた方のうちのお一人です。 医療通訳について知っている方、知らない方、私は医療通訳だという方、いろいろな方に集まっていただいて、医療通訳って何する人なのか、現在の状況や未来、そしてわたしも医療通訳になれるのか、通訳はAIに任せてもいいのか、などなど一緒に考える時間を過ごしませんか。 <9月> 街のお薬屋さんってどんなところ? タイトル:街のお薬屋さんってどんなところ?日時:2022年9月10日(土) 15:00-16:30話題提供者:迫田直樹  法円坂薬局 薬剤師 <概要>家の近くにあるお薬屋さん。予約なしに薬剤師に会える場です。ちょっと体調不良の時に相談できるところが身近にあったら安心ではないでしょうか。プライバシーに配慮した薬局運営をしてこられている迫田さんにお話をお聞きします。 ・ドラッグストアーや調査剤薬局など色々な名前がありますが、どのように違うのですか? ・自分の状態や症状にあった薬を選ぶためにお薬屋さんで相談できる人はいるのかしら? ・薬剤師の教育課程には西洋の薬だけではなく、漢方薬やその他の療法についても勉強をしているのですか? ・ジェネリック薬品の効果は、純正の薬と同じ?ジェネリック薬品の選択についてお薬屋さんでどのように相談したら良いでしょうか? ・お薬屋さんは、これまでの薬屋を超えた役割を持っているのかな?と感じることがあります。健康情報を発信する拠点になったり、コロナ感染症の検査やワクチン接種の会場となったりしています。これらは、ここの薬局の個性ですか?自治体や国の方針ですか? ・薬剤師としてできること、できないこと、やりたいこと など お聞きしたいです。 <10月> Mangi ci jam (マンギチジャム) タイトル:Mangi ci jam…

2022年7月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年7月の「Social Connection・つながり」のご案内

<7月> ウクライナからの避難民の受け入れ <8月> 医療通訳者の野望 <9月> 街のお薬屋さんってどんなところ? <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ タイトル:ウクライナからの避難民の受け入れ 日時:2022年7月9日(土) 15:00-16:30 話題提供者:参加者全員 <概要> ウクライナの悲惨な状況がテレビを通して報道され、日本の各地で避難民を受け入れるための自治体からの表明やボランティア団体の募集などが始まっています。 日本は難民受け入れ鎖国として国際社会から非難されてきたのになぜ急に? よくわからないことを理解するために現状について見聞きしたものを持ち寄って話し合います。 以下のトピックのどれかについて、何か得た情報があれば報告してみんなで全体像を明らかにしましょう。 募金や受け入れ協力をする前に現状を正しく捉えませんか? 避難民受け入れの決定と政府の方針 難民、避難民、紛争難民、などの用語はどう違う? 日本はなぜ難民が少ないのか? 難民は安心して日本で暮らしているのか?医療や就労の保障は? その他のトピック <8月> 医療通訳者の野望 タイトル:医療通訳者の野望 日時:2022年8月13日(土) 15:00-16:30 話題提供者:村松紀子 医療通訳研究会 (MEDINT) 代表 <概要> 話題を提供してくださる村松紀子さんは2002年医療通訳研究会 (MEDINT) を立ち上げる前から、医療通訳を行なってこられ、その体験をもとに日本で最初に医療通訳を学問的にとらえ始めた方のうちのお一人です。 医療通訳について知っている方、知らない方、私は医療通訳だという方、いろいろな方に集まっていただいて、医療通訳って何する人なのか、現在の状況や未来、そしてわたしも医療通訳になれるのか、通訳はAIに任せてもいいのか、などなど一緒に考える時間を過ごしませんか。 <9月> 街のお薬屋さんってどんなところ? タイトル:お薬屋さんってどんなところ?日時:2022年9月10日(土) 15:00-16:30…

2022年6月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年6月の「Social Connection・つながり」のご案内

<6月> 虐待という経験を通り抜けて <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ <8月> 医療通訳者の野望 <6月> 虐待という経験を通り抜けて タイトル:虐待という経験を通り抜けて日時:2022年6月11日(土) 15:00-16:30話題提供者:しゅん さん <概要>幼少期に虐待を経験したしゅんさんが、受けた傷を癒やすプロセスはやさしいものではありませんでした。自分が置かれていた状況を客観的に捉えることがきるようになるまで多くの時間を要しました。辛い経験を通り抜けるということはどういうことなのか、その経験が自分の行動にどのような影響を与えたのか、どのようなきっかけで自分の周りを見ることができるようになったのか、など通り抜けてきた経験とこれからを話していただきます。虐待について理解を深める機会としませんか。 <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ タイトル:ウクライナからの避難民の受け入れ日時:2022年7月9日(土) 15:00-16:30話題提供者:参加者全員 <概要>ウクライナの悲惨な状況がテレビを通して報道され、日本の各地で避難民を受け入れるための自治体からの表明やボランティア団体の募集などが始まっています。日本は難民受け入れ鎖国として国際社会から非難されてきたのになぜ急に?よくわからないことを理解するために現状について見聞きしたものを持ち寄って話し合います。以下のトピックのどれかについて、何か得た情報があれば報告してみんなで全体像を明らかにしましょう。募金や受け入れ協力をする前に現状を正しく捉えませんか? 避難民受け入れの決定と政府の方針難民、避難民、紛争難民、などの用語はどう違う?日本はなぜ難民が少ないのか?難民は安心して日本で暮らしているのか?医療や就労の保障は?その他のトピック <8月> 医療通訳者の野望 タイトル:医療通訳者の野望日時:2022年8月13日(土) 15:00-16:30話題提供者:村松紀子 医療通訳研究会 (MEDINT) 代表 <概要>話題を提供してくださる村松紀子さんは2002年医療通訳研究会 (MEDINT) を立ち上げる前から、医療通訳を行なってこられ、その体験をもとに日本で最初に医療通訳を学問的にとらえ始めた方のうちのお一人です。 医療通訳について知っている方、知らない方、私は医療通訳だという方、いろいろな方に集まっていただいて、医療通訳って何する人なのか、現在の状況や未来、そしてわたしも医療通訳になれるのか、通訳はAIに任せてもいいのか、などなど一緒に考える時間を過ごしませんか。 CHARMER(*)、CHARMERの紹介がある方、当プログラムに参加した方もご参加いただけます。お申し込んだ方にzoomのミーティングIDを送ります。 お申込み先: charmer★charmjapan.com (★を@に変えてください) *CHARMERとは? CHARMの会員、活動メンバー、来館者などCHARMの主旨を理解している人々のことです。*Social Connection-つながり-はお互いの経験を聞き、共感し、知り、つながることで夢に向かう力を得る場です。毎回海外からもメンバーが参加しています。

2022年5月~7月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年5月~7月の「Social Connection・つながり」のご案内

<5月> 外国人介護士によるミラクル介護 <6月> 虐待という経験を通り抜けて <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ <5月> 外国人介護士によるミラクル介護 タイトル:外国人介護士によるミラクル介護日時:2022年5月14日(土) 15:00-16:30 話題提供者:外国人介護士 ンボット et al. さん <概要>いま日本では介護現場で多くの外国人が働いています。多くの人のケアー、個別の配慮、同僚との意思疎通、会議、毎日の細かい記録までこなす外国人介護士の姿勢は真剣そのもの。でもユーモアを忘れずに。ガイコクジンのケアを受けている利用者はどう感じているのでしょうか?その人たちの働きは日本人とちょっとかなり違う?何が違うのでしょうか?外国人介護士の存在と役割を直接外国人介護士から聞きます。 <6月> 虐待という経験を通り抜けて タイトル:虐待という経験を通り抜けて日時:2022年6月11日(土) 15:00-16:30 話題提供者:しゅん さん <概要>幼少期に虐待を経験したしゅんさんが、受けた傷を癒やすプロセスはやさしいものではありませんでした。自分が置かれていた状況を客観的に捉えることがきるようになるまで多くの時間を要しました。辛い経験を通り抜けるということはどういうことなのか、その経験が自分の行動にどのような影響を与えたのか、どのようなきっかけで自分の周りを見ることができるようになったのか、など通り抜けてきた経験とこれからを話していただきます。虐待について理解を深める機会としませんか。 <7月> ウクライナからの避難民の受け入れ タイトル:ウクライナからの避難民の受け入れ日時:2022年7月9日(土) 15:00-16:30 話題提供者:参加者全員 <概要>ウクライナの悲惨な状況がテレビを通して報道され、日本の各地で避難民を受け入れるための自治体からの表明やボランティア団体の募集などが始まっています。日本は難民受け入れ鎖国として国際社会から非難されてきたのになぜ急に?よくわからないことを理解するために現状について見聞きしたものを持ち寄って話し合います。以下のトピックのどれかについて、何か得た情報があれば報告してみんなで全体像を明らかにしましょう。募金や受け入れ協力をする前に現状を正しく捉えませんか? 避難民受け入れの決定と政府の方針 難民、避難民、紛争難民、などの用語はどう違う? 日本はなぜ難民が少ないのか? 難民は安心して日本で暮らしているのか?医療や就労の保障は? その他のトピック CHARMER(*)、CHARMERの紹介がある方、当プログラムに参加した方もご参加いただけます。お申し込んだ方にzoomのミーティングIDを送ります。お申込み先: charmer●charmjapan.com (●を@に変更) *CHARMERとは? CHARMの会員、活動メンバー、来館者などCHARMの主旨を理解している人々のことです。*Social Connection-つながり-はお互いの経験を聞き、共感し、知り、つながることで夢に向かう力を得る場です。毎回海外からもメンバーが参加しています。

2022年4月の「Social Connection・つながり」のご案内

2022年4月の「Social Connection・つながり」のご案内

<4月開催のプログラム案内> タイトル:交流と対話の場 街の本屋 日時:2022年4月9日(土) 15:00-16:30 話題提供者:坂岡隆司さん <概要>精神に障がいがある方々の地域生活支援と就労支援を京都市おこなってきた社会福祉法人ミッションからしだねが1階に本屋をオープンしたのがコロナ禍の2021年3月。人々の本離れが進む中あえて本屋をオープンした思い、本屋として発信していること、本屋という場の可能性、開店1年を経た今感じていることなどを理事長の坂岡さんにお話いただきます。本の魅力を知っている人たち、本屋の魅力を知りたい人たち、ぜひご参加を。 ☆~★~Social Connectionがリフレッシュ・オープンします!~★~☆ Social Connectionは、緊急事態宣言等で人と会う機会がない中でつながり続ける一つの方法として2020年6月からスタートしました。 1年半の間に毎月異なるトピックで話をする井戸端会議には海外や遠方からも参加がありこの場を続ける希望が多かったため2022年度はリフレッシュ・オープンすることになりました。 アップグレードされた内容は 1. プログラムの内容は4つの柱のトピックを扱う。  a)専門家の話を聞く。 例えば、街の◯◯屋さん、感染症専門医、など。  b)海外(日本も含む)に暮らして経験したこと。  c)気になるニュースについて話したい。  d)私の話を聞いて/この人の話聞かない? 2. 自分のことを話しても安全な場を確保することは継続する。  参加者は、CHARMに関わり団体の目指すことを理解している人と紹介を受けた人。  参加のルールを開始前に確認する。 3. プログラムの企画を半年単位で募集してみんなで井戸端会議の場を作る。  現在5~9月の企画を募集中です。 4. 多くの人が関心を持つプログラムをフォーラムとして企画し一般公開する。  2022年度は1つ公開プログラムを開催したいと思います。 CHARMER(*)、CHARMERの紹介がある方、当プログラムに参加した方もご参加いただけます。お申し込んだ方にzoomのミーティングIDを送ります。お申込み先: charmer●charmjapan.com (●を@に変更) *CHARMERとは? CHARMの会員、活動メンバー、来館者などCHARMの主旨を理解している人々のことです。*Social Connection-つながり-はお互いの経験を聞き、共感し、知り、つながることで夢に向かう力を得る場です。毎回海外からもメンバーが参加しています。