Center for Health and Rights of Migrants

SOSOSO (日本語)
Contact
Line (English)
Telephone Consult
languages
事務局から

2023年4月&5月の活動報告<一部>

みなさん、こんにちは。

2023年4月、5月に行った活動の一部をご紹介します。


<2023年4月>

●「JICA事業 成果報告会&現場視察」に参加しました。(2023年4月18日)

大阪NPOセンター主催の「JICA事業 2022年度成果報告会&現場視察」に参加しました。

この数年、CHARMはこの事業運営支援講座を受講してきました。
2022年度は「広報」についての運営支援を受けました。

今回の報告会は2022年度に事業運営支援講座を受けたCHARMスタッフが出席し、CHARMの広報活動における改善計画や実施内容を発表しました。

CHARM以外に大阪NPOセンターより事業運営支援を受けているその他の団体も活動内容を発表され、他団体の活動内容も知ることができました。とてもいい刺激を受けました。(担当スタッフ:POP)

報告会に参加したみなさんと記念撮影
バオバブの木。ジューズもおいしかった。

●(タイ)Mahidol大学のPattaratida研修医師が来所されました。(2023年4月18日)

4月に大阪総合医療センターに短期研修で来日されたタイのMahidol大学のPattaratida研修医師がCHARMに来所されました。

CHARMの活動内容、日本における医療制度・HIV診療体制、外国人陽性者が置かれている状況について紹介しました。

日本と海外の医療制度やHIV診療体制が異なっているため、日本の制度がなかなか理解できなかったが、だいぶ理解できるようになったとのことでしたので、よかったです。(担当スタッフ:POP、青木、竹野)

事務所前で記念撮影

<2023年5月>

●大手前大学国際看護学部での外国人患者模擬研修を行いました。(2023年5月11日、18日)

5月に2週にわたって大手前大学国際看護学部での外国人患者模擬研修に、外国人模擬患者役の方を引率して参加しました。

日本語が話せない、英語を話す患者役を集めてほしいと依頼されたのは1か月ほど前。心当たりの方は既に予定が決まっている方が多く、患者役探しにとても苦労しました。 また、コロナ感染や体調不良で直前に患者役の変更もあり、コーディネーターとしては冷や汗の連続でした。

ボランティア希望者、他団体紹介者、通訳紹介者など、フィリピン出身者3名、ブラジル/カナダ/スペイン/アメリカ合衆国/シンガポール出身者各1名が、演技力をいかんなく発揮してくださいました。それぞれが自分が患者、通訳者として医療の現場で体験したことを盛り込み、時には驚くような情熱をもって、時には冷静に学生と対峙されていました。

多くの患者役の意見は、わからなければもう一度言ってほしいと頼んだり、医師に確認しますと返事をすることが大切だということでした。

学生さん達が看護師になって外国人患者を迎えたときに、どのような態度で、どのようにコミュニケーションをとればよいのか考える一助になってくれることを期待しています。(担当スタッフ:庵原)

研修の様子

最新記事

PAGE TOP